兄弟の戸籍諸証明は請求できますか。

委任状が必要となる場合があります。

1.本人と兄弟が同一戸籍にある場合
(例:兄弟双方が未婚の場合など)
委任状などは必要ありません。

2.本人と兄弟が別の戸籍にある場合
(例:兄弟のどちらかが婚姻等をしている場合など)
本人と兄弟の一方または両方が婚姻し、別々の戸籍にいる場合などは、原則兄弟からの委任状が必要です。
ただし、既婚側の兄(弟)が未婚側の弟(兄)の戸籍謄本等を取得する場合は委任状は不要です。

3.本人と兄弟が別の戸籍にあり、兄弟が死亡している場合
本人と兄弟が別の戸籍にあり、兄弟からの委任状が得られない場合は、兄弟の配偶者・父母・子などの委任状が必要になります。上記の者の委任状が得られない(上記の者が既に死亡しているなどしていない)場合は、正当な使用目的の場合のみ必要数のみ請求することができます。
請求が認められるかどうかは使用目的などを確認し判断いたしますので、市民課または各地域局市民サービス課までお問い合わせください。

【必要なもの】
・窓口に来た方の本人確認資料
・(2.の場合)兄弟からの委任状
・(3.の場合)兄弟関係のわかる戸籍証明書等(横手市の戸籍で兄弟関係を確認できる場合は不要)

【申請窓口】
・市民課または各地域局市民サービス課
・各行政サービスコーナーおよび戸籍事務取扱所(除籍および改製原戸籍は発行できません)

【受付時間】
午前8時30分から午後5時15分まで

【休日】
土、日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)

PDFのダウンロードについて

PDFファイルをご覧いただくにはAdobeReader(無償)が必要です。AdobeReaderがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
AdobeReaderダウンロードページ

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部市民課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2176 ファックス:0182-32-7721
メールアドレス:shimin@city.yokote.lg.jp

代表電話