改製原戸籍とは何ですか

作り替えられる前の戸籍簿のことです。

戸籍簿は法改正により何度か作り替え(改製)がされています。大きな改製としては、以下のものがあります。

1.昭和32年(1957年)の法務省令による旧法戸籍から新法戸籍への作り替え
・戸籍の編製単位をそれまでの「家」単位から、「夫婦と未婚の子」を編製単位とする改製

2.最近の戸籍事務のコンピュータ化による作り替え
・戸籍簿の保管方法を紙原本から磁気ディスクへと変更する改製
・横手市では平成15年~平成17年に戸籍事務のコンピュータ化をしています

上記のどちらの場合でも、作り替えられる前の戸籍を「改製原戸籍」と呼びます。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部市民課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2176 ファックス:0182-32-7721
メールアドレス:shimin@city.yokote.lg.jp

代表電話