離婚の届け出には何が必要ですか。

下記の書類を用意してください。

離婚する場合は、離婚の届出が必要です。

【必要なもの】
・戸籍謄本(本籍地の市区町村以外に届出をするとき)
・協議離婚の場合は、夫婦双方の印鑑(ゴム印不可)と窓口に届書を持参した方の本人確認資料
・裁判離婚の場合は、申立人の印鑑と裁判所から発行された証明書(調停調書や審判書などの謄本、確定証明書など)

【届出人について】
届出人(夫婦または裁判離婚の場合は申立人(原告))以外の方が使者として窓口に離婚届を持参することもできます。委任状は不要ですが、使者の本人確認資料が必要になります。

【未成年の子どもについて】
夫婦に未成年の子がいる場合は、あらかじめどちらが親権者になるかを決めてください。

【証人について】
協議離婚には成人の証人2人の署名押印が必要ですが、裁判離婚の場合は証人は不要です。

【届出期間について】
・協議離婚については、届出期限はありません。届出日から法律上の効果が発生します。
・裁判離婚については、調停、審判などが成立・確定した日から10日以内に申立人(原告)が届出をしてください。

【離婚後の氏(姓)について】
結婚して姓の変わった方は原則として旧姓に戻りますが、申し出をすることで離婚後も結婚中の姓を名乗ることができます。結婚して姓の変わらなかった方は、離婚しても姓や戸籍に変動はありません。

【受付時間】
午前8時30分から午後5時15分まで
※休日や夜間、早朝の戸籍届出については日直や夜間警備員が受け付けます。なるべく事前に市民課または各地域局市民サービス課で記載内容の確認をお願いします。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部市民課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2176 ファックス:0182-32-7721
メールアドレス:shimin@city.yokote.lg.jp

代表電話