ごみの削減についての取り組みについて教えてください。

可燃ごみ削減の取組みの一環として、生ごみの再資源化について検討するため、生ごみ減量推進モデル事業を行っています。

なお、モデル事業のため、生ごみの分別収集は市内の一部地域(十文字・山内・大雄)のみで行われています。

【十文字地域】
公共施設、小中学校、及びモデル事業に参加する一部地区にお住まいの方の自宅等から排出された生ごみを、EMボカシを使用して堆肥化し参加者に還元、家庭菜園等に活用する等、「資源循環型社会」の意識啓発を行う。

【山内地域】
山内地域の駅前と相野々地区で試験的に生ごみの堆肥化を実施。堆肥は無料で地域内の希望者に提供する他、市の花壇の肥料としても活用されている。

【大雄地域】
可燃ごみの減量化及び生ごみの資源化を図るため、大雄地域全域で生ごみの分別収集を実施。
生ごみは大雄堆肥センターへ搬入して堆肥化し販売している。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部生活環境課(環境係・廃棄物対策係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2184 ファックス:0182-33-7838
メールアドレス:kankyo@city.yokote.lg.jp

代表電話