焼却炉からダイオキシンが発生する恐れはないのですか。

本市のごみ処理施設は、ダイオキシン類対策基準を満たしています。また、ダイオキシン類の発生抑制のための適切な運転管理に努めています。

【ダイオキシン類の特性】
・低い温度でごみを燃やした場合に発生しやすく、特に着火直後や消火時の不完全燃焼で発生しやすい
・800℃以上の高温では分解して無害になる一方、このガスが冷えて300℃前後となると再び発生(再合成)する 
・再合成は温度が概ね200℃以下まで下がると発生しにくいことが知られている

以上の特性を基に国における清掃工場のダイオキシン類対策基準が定められています。
次のことを実施することで、問題のないレベルにダイオキシン類の発生を抑制することができます。
(1)着火と消火を伴わない24時間連続運転
(2)800℃以上を安定的に保つ燃焼管理
(3)再合成を防ぐために燃焼ガスを200℃以下まで短時間で下げる燃焼ガス冷却設備や排ガス減温装置の設置
(4)排ガス中のちりを高度に取り除く集じん設備の設置等の対策

本市のごみ処理施設は、いずれもこれらの基準を満たしており、また、ダイオキシン類の発生抑制のための適切な運転管理に努めています。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部生活環境課(環境係・廃棄物対策係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2184 ファックス:0182-33-7838
メールアドレス:kankyo@city.yokote.lg.jp

代表電話