後期高齢者医療制度による自己負担限度額について教えてください。

自己負担限度額は、「外来(個人単位)」を適用後、「外来+入院(世帯単位)」を適用します。入院時の窓口での負担は、世帯単位の限度額までとなります。
なお、1か月(同じ月内)の医療費の自己負担額が限度額を超えた場合は、高額療養費支給申請をすると超えた額が後日支給されます。

【外来(個人単位)における1か月の自己負担限度額】
・現役並み所得者/44,400円
・一般/12,000円
・区分II/ 8,000円
・区分I/8,000円

【外来+入院(世帯単位)における1か月の自己負担限度額】
・現役並み所得者/80,100円+(医療費-267,000円)×1%
・一般/44,400円
・区分II/24,600円
・区分I/15,000円

※現役並み所得者(3割負担)の方については、同一世帯の直近12か月以内に高額療養費の支給が4回以上あった場合は、4回目からの自己負担限度額が定額の44,400円になります。ただし、この月数には外来の限度額のみの適用を受けた月は算入されません。

※区分IIに該当する方は、世帯の全員が住民税非課税の方。(区分I以外の方)

※区分Iに該当する方は、世帯の全員が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は80万円として計算)を差し引いたときに0円になる方。老齢福祉年金を受給されている方。

※75歳になった月は、1か月の自己負担限度額は上記の半額となります。

※入院したときは、医療費の自己負担額とは別に入院時の食事代等を負担しますが、医療費の自己負担額には含まれません。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部国保年金課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2186 ファックス:0182-33-7838
メールアドレス:kokuho@city.yokote.lg.jp

代表電話