後期高齢者医療制度の自己負担割合はどのようになりますか。

自己負担割合は、かかった医療費の1割(現役並み所得者は3割)です。
負担割合は、前年の所得状況により決定されます。被保険者証(保険証)に自己負担割合が明記されてますので、ご確認ください。

【後期高齢者医療制度の自己負担割合】

●一般の方/1割

●現役並み所得者/3割
3割の方(現役並み所得者)とは、次のいずれかに該当する方です。
1、市町村民税の課税所得が145万円以上の方
2、1と同じ世帯の後期高齢者医療制度の加入者

ただし、3割に該当する方でも、収入状況が次のいずれかに該当する方は
「基準収入額適用申請」をすると、自己負担割合が1割に変更されます。

■同一世帯内に後期高齢者医療制度の加入者が1人の場合
・加入者の総収入が383万円未満
・同一世帯内に70歳以上75歳未満の方がいる場合で、加入者とその70歳以上75歳未満の方全員の総収入の合計額が520万円未満

■同一世帯内に後期高齢者医療制度の加入者が2人以上いる場合
・加入者全員の総収入の合計額が520万円未満

【用語】
・課税所得
所得から各種所得控除額(社会保険料控除や扶養控除等)を差し引いた金額のこと
・総収入
必要経費や公的年金控除などを差し引く前の各種収入金額(土地、建物、株式などの収入も含む)を

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部国保年金課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2186 ファックス:0182-33-7838
メールアドレス:kokuho@city.yokote.lg.jp

代表電話