年金受給者の扶養親族等申告書をなくしたときはどうすればいいですか。

大曲年金事務所(またはお近くの年金事務所)で申告書用紙をもらってください。

扶養親族等申告書をなくした場合は、日本年金機構大曲年金事務所(またはお近くの年金事務所)に用紙がありますので、それを使って提出期限(毎年12月初旬)までに日本年金機構に届け出てださい。日本年金機構のホームページからもダウンロードできます。扶養親族等申告書は、源泉徴収の際に所得税の控除を受けるための大切な届です。申告書が出ていないときは、申告書を出した場合に比べて、源泉徴収の際に年金から所得税が多く差し引かれることになる場合があります。
※扶養親族がいるのに扶養親族等申告書を出し忘れた方で、所得税が源泉徴収されている場合、確定申告期間中に扶養控除等を申告することで源泉させた所得税が戻る場合があります。また、源泉徴収されていない方でも住民税額に影響が出る場合がありますので、申告期間中に市役所へ申告をお願いします。
※共済年金受給者は、各共済組合にお問い合わせください。

【申請窓口】
日本年金機構大曲年金事務所 (大仙市大曲通町2-26 電話 0187-63-2296)

【受付時間】
午前8時30分から午後5時15分まで

【休       日】
土、日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)

詳しくは、 日本年金機構ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部国保年金課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2186 ファックス:0182-33-7838
メールアドレス:kokuho@city.yokote.lg.jp

代表電話