免除されていた保険料は、後で納めることができますか。

期間の制限はありますが、後で納めることができます。

免除・猶予を受けた保険料は10年以内であれば、さかのぼって納める(追納)ことができます。
なお、免除、猶予等を受けた期間の翌年度から起算して3年度目以降に保険料を追納する場合は、当時の保険料に経過期間に応じた加算額が上乗せとなります。
特に若年者納付猶予や学生納付特例を受けた方には、収入を得るようになったら追納することをお勧めします。

【申請窓口】
各地域局市民サービス課または国保年金課
日本年金機構大曲年金事務所 (大仙市大曲通町6-26 電話 0187-63-2296)

【受付時間】
午前8時30分から午後5時15分まで

【休日】
土、日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)

詳しくは、日本年金機構ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部国保年金課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2186 ファックス:0182-33-7838
メールアドレス:kokuho@city.yokote.lg.jp

代表電話