母が遺族年金を受け取ることとなり、私にも年金手帳が送られてきたのですが、これはどうすればよいのですか。

この年金手帳は、20歳になって国民年金に加入する時や社会人となって就職する時に必要となりますので、大切に保管してください。
年金受給権者の氏名・生年月日・性別・住所など年金に関する記録は、すべて基礎年金番号と年金コードで管理されています。
母が遺族年金の受給権者となった場合、同時に、その子も遺族年金の受給権者となります。(ただし遺族年金は、母が支給を受ける間は、子は支給停止となります。)
そのため、お子さんにも基礎年金番号を払出し、年金証書及び年金手帳(又は基礎年金番号通知書)をお送りすることとしています。

【申請窓口】
日本年金機構大曲年金事務所(大仙市大曲通町6-26 電話 0187-63-2299)

【受付時間】
日本年金機構大曲年金事務所/午前8時30分から午後5時15分まで

【休日】
土、日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)

【特記事項】
年金に関する電話での相談はねんきんダイヤル(電話 0570-05-1165)でも承ります。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部国保年金課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2186 ファックス:0182-33-7838
メールアドレス:kokuho@city.yokote.lg.jp

代表電話