高額療養費の計算方法(70歳未満)について教えてください。

高額療養費の計算方式は次のとおりです。

【高額療養費の対象】
病院等に長期入院したり、治療が長引き高額になった場合には、一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分が払い戻されます。
ただし、特定医療費の差額部分や入院時食事療養費は支給対象になりません。

【計算式】
(支給額)=(医療機関等で支払った一部負担金)-(自己負担限度額)

【自己負担限度額】
(1)上位所得者世帯 (区分ア) 252,600円+(医療費総額-842,000円)×1%
(2)上位所得者世帯 (区分イ) 167,400円+(医療費総額-558,000円)×1%
(3)一般世帯    (区分ウ)  80,100円+(医療費総額-267,000円)×1%
(4)一般世帯    (区分エ)  57,600円
(5)住民税非課税世帯(区分オ)  35,400円

※上位所得者世帯(区分ア)とは国保加入者の総所得から基礎控除額(33万円)を引いた後の所得が901万円を超える世帯。
※上位所得者世帯(区分イ)とは国保加入者の総所得から基礎控除額(33万円)を引いた後の所得が600万円を超え901万円以下の世帯。
※一般世帯(区分ウ)とは国保加入者の総所得から基礎控除額(33万円)を引いた後の所得が210万円を超え600万円以下の世帯。
※一般世帯(区分エ)とは国保加入者の総所得から基礎控除額(33万円)を引いた後の所得が210万円以下の世帯。
※住民税非課税世帯とは、同一世帯の全員が市町村民税非課税の世帯。

また、次のような場合はさらに自己負担額を軽減します。
1、世帯合算
同一世帯で、同じ月内に21,000円以上の一部負担金を支払った場合が複数あり、さらにその合算額が自己負担限度額を超えた場合は、その超えた額を支給します。
2、多数該当
同一世帯で、過去に12か月間に4回以上高額療養費の支給を受けた場合、所得に応じて下記の限度額を超えた額を支給します。
 ・上位所得者世帯(区分ア)  140,100円
 ・上位所得者世帯(区分イ)  93,000円
 ・一般世帯(区分ウ及びエ)  44,400円
 ・住民税非課税世帯(区分オ) 24,600円
3、70歳未満の方の高額療養費の計算方法
上記「高額療養費の支給要件」により計算し、対象となる自己負担額(21,000円以上のもの)の合計額が自己負担限度額を超える場合、その超えた額が支給されます。

【申請の流れ】
該当されている場合には、診療後約6か月後に通知いたします。
通知をお持ちになり各地域局市民サービス課(横手地域は国保年金課)へ届け出てください。
支給は金融機関への口座振込となります。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部国保年金課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2186 ファックス:0182-33-7838
メールアドレス:kokuho@city.yokote.lg.jp

代表電話