75歳未満で医療費の支払いが難しいのですが。

高額療養費の貸付制度があります。

総医療費からみて高額療養費に該当する見込みのある場合に、その一部負担金相当額の支払いが困難である世帯の世帯主に対して、高額療養費見込額の9割を無利子で貸し付けます。(ただし千円未満の端数がある場合、切り捨てます。)
※返済は、後日支給される高額療養費を充てていただきます。

(1)貸付を受けることができる人
・国民健康保険税が減額または減免されている世帯の世帯主
・一部負担金相当額が高額なため支払いが困難で、資金が緊急に必要であると認められる世帯の世帯主

(2)貸付を受けることができない人
・故意の犯罪行為に起因する傷病など、保険給付自体が制限される場合
・交通事故で第三者(加害者)に医療費の賠償を求める場合
※国民健康保険税に滞納がある場合、納付相談が必要です

【提出書類等】
事前に医療機関の請求書・保険証を持参のうえ、窓口でご相談ください。

【相談・申請窓口】
各地域局市民サービス課(横手地域は国保年金課)

【受付時間】
午前8時30分~午後5時15分

【休日】
土、日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部国保年金課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2186 ファックス:0182-33-7838
メールアドレス:kokuho@city.yokote.lg.jp

代表電話