国民年金の保険料を納められないのですが。(法定免除・申請免除)

要件を満たした方が申請を行えば、保険料が免除されることがあります。

1、申請免除
所得が少ないなどの理由によって保険料を納めることが困難な方を対象に、本人の申請により保険料の納付を免除・猶予する制度があります。保険料の免除・猶予は未納の場合と比べ、次のようなメリットがあります。
(1)免除、猶予期間は受給資格期間に算入されます。
全額免除の場合あれば、免除期間について老齢基礎年金額の2分の1(平成21年度3月以前の全額免除期間は3分の1)を受け取ることができます。
(2)万が一の場合にも確かな保証があります。
病気や事故で障害が残ったときの障害年金や、一家の働き手が亡くなったときの遺族年金などを受給する際、免除・猶予承認期間も受給資格期間に算入されます。
ただし、一部免除となった期間については、一部保険料を納付しないときには未納と同じ扱いとなりますのでご注意ください。

【免除の対象となる方】
免除を受けようとする人のほかに配偶者、世帯主の方も次の所得基準の範囲内である必要があります。一人でも該当しない方がいる場合は免除対象になりませんん。
全額免除/(扶養親族の数+1)×35万円+22万円
4分の3免除/78万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等
半額免除/118万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等
4分の1免除/158万+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

【支給される年金額(免除しなかった場合に比べて)】
「平成21年3月以前の保険料免除期間」/「平成21年4月以後の保険料免除期間」
・全額免除を受けた場合
 6分の2/8分の4
・4分の3免除を受けた場合
 6分の3/8分の5
・半額免除を受けた場合
 6分の4/8分の6
・4分の1免除を受けた場合
 6分の5/8分の7

2、法定免除
国民年金や厚生年金、共済年金から障害年金(1級・2級)を受けているときや、生活保護を受けているときなど、届け出により保険料の全額が免除されます。

【申請窓口】
各地域局市民福祉課(横手地域局は国保年金課)

【持ち物】
・印鑑
・年金手帳
※失業により保険料の納付が困難な場合には「雇用保険受給者資格証」または「離職票」をお持ちください。

【届出人】
本人または家族の方

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部国保年金課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2186 ファックス:0182-33-7838
メールアドレス:kokuho@city.yokote.lg.jp

代表電話