70歳以上75歳未満の国民健康保険の被保険者の自己負担割合について知りたいのですが。

70歳以上75歳未満の方の自己負担割合は2割(昭和19年4月1日以前生まれの方は1割)です。ただし、現役並み所得者は3割になります。
自己負担割合は毎年8月に更新となり、前年中の所得を基に判定します。

※現役並み所得者とは市町村民税課税標準額が145万円以上の方。
 なお、同一世帯に70歳以上75歳未満の現役並み所得者がいる場合、その世帯の70歳以上75歳未満の方はすべて3割になります。
 ただし、次の場合、申請による再判定の結果、認定されると1割または2割負担となります。
1.70歳以上75歳未満の被保険者が1人の場合で、収入が383万円未満の場合。
2.70歳以上75歳未満の被保険者が複数の場合で、その方々の収入合計が
   520万円未満の場合。
3.収入が383万円以上で、特定同一世帯所属者との収入合計が
   520万円未満の場合。
※特定同一世帯所属者とは、国保の加入者が後期高齢者医療制度に移行し、国保資格を喪失した時点の世帯主と引き続き同じ世帯にいる場合のことを指します。


【申請窓口】
各地域局市民サービス課(横手地域は国保年金課)

【受付時間】
午前8時30分~午後5時15分まで

【休日】
土、日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日まで)

【必要なもの】
1.申請時
 ・保険証
 ・印鑑
 ・基準収入額適用申請書
 ・年の総収入額が分かるもの
2.医療機関受診時
 保険証と高齢受給者証を医療機関の窓口に提示してください。
 また、入院した際に市民税が非課税となっている方は、「国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関の窓口に提示すると、入院時の食事代が減額になります。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部国保年金課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2186 ファックス:0182-33-7838
メールアドレス:kokuho@city.yokote.lg.jp

代表電話