交通事故にあったとき、国民健康保険で治療が受けられますか。

受けられますが、不利益を被る場合があります。

交通事故など、第三者(加害者)から受けたケガ・病気の治療費は、加害者が負担するのが原則です。
加害者側の経済的な理由などで、やむを得ず国民健康保険で治療を受ける時は、国保年金課に「第三者の行為による被害届」を必ず提出してください。

国保で治療を受けたときの医療費は、国保が一時的に立て替えたことになりますので、後日、国保が被害者に代わって加害者に請求することになります。
詳しくは国保年金課にお問い合わせください

【注意事項】
交通事故による怪我などで国保を使った場合、示談をする前に必ず国保年金課にご相談ください。
示談の内容によっては、皆さんにとって重大な不利益を招くことがあります。
加害者が国保に支払う医療費について、当事者双方で請求しない旨の示談を行えば、国保が加害者に請求できなくなり、被害者自身が思いがけない負担を負うおそれがあります。

【申請窓口】
各地域局市民サービス課(横手地域は国保年金課)

【受付時間】
午前8時30分から午後5時15分まで

【休日】
土、日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)

【必要なもの】
・印鑑
・保険証
・第三者行為による被害届
・事故証明書など

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部国保年金課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2186 ファックス:0182-33-7838
メールアドレス:kokuho@city.yokote.lg.jp

代表電話