保安林について教えてください。

保安林制度は、特定の森林を保安林として指定し、その森林の保全とその森林における適切な施業を確保することによって、森林の持つ保安機能を維持増進するための制度です。
保安林内の木を伐採したり、土地の形質を変える行為をする場合は許可を受ける必要があります。

【保安林の指定】
水源のかん養、災害の防備、生活環境の保全・形成、保健休養の場の提供、その他公共の目的を達成するために行われ、その種類は17種類あります。

【保安林の制限】
・立木の伐採/都道府県知事の許可が必要です。
・土地の形質の変更等/都道府県知事の許可が必要です。
・伐採跡地へは、指定施業要件にしたがって植栽をしなければなりません。

※指定施業要件
保安林の指定目的を達成するため、個々の保安林の立地条件等に応じて、立木の伐採方法及び制限、伐採後に必要
となる植栽の方法、期間及び樹種が定められています。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

農林部農林整備課
所在地:〒013-8502 秋田県横手市旭川一丁目3番41号 
電話番号:0182-32-2114 ファックス:0182-32-4037
メールアドレス:norin@city.yokote.lg.jp

代表電話