退職後、勤務先の被用者保険(※)を任意継続するのと国民健康保険に加入するのとではどちらが良いですか。

どちらの保険が有利か、保険料等をよく調べて決めるのがよいでしょう。

 会社を退職した方は、被用者保険を2年間任意継続するか、国民健康保険に加入するかを選択することができます。
 被用者保険の任意継続と国民健康保険とでは、保険料の算定方法や給付内容が異なります。
 また、被用者保険の任意継続の加入届出期間は退職した日の翌日から20日以内、国民健康保険の加入届出は14日以内となっています。
 
【任意継続の保険料を試算するとき】
 
被用者保険の任意継続の保険料などについては、それぞれの保険者にお問い合わせください。

【国民健康保険税の試算をするとき】
 
加入する年度の前年中(1~12月)の所得がわかる資料を用意して、税務課保険税係または 各地域局市民サービス課市民生活係にお問い合わせください。


(※)被用者保険=全国健康保険協会(協会けんぽ)、健康保険組合、共済組合など

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部税務課(保険税係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-32-2510 ファックス:0182-32-2611
メールアドレス:shiminzei@city.yokote.lg.jp

代表電話