医療費を多く払った場合、税金が戻ってくるのでしょうか。

「医療費控除」として、節税または税金を戻すことができる場合があります。

1年間に支払った医療費を使用し、一定の金額を「医療費控除」として所得から差し引くことで、節税または税金を戻すことができる場合があります。

【手続き】
「確定申告」あるいは「市県民税申告」を行う必要があります。
※申告の際、支払った医療費の合計を計算し、領収書を持参してください。
※年末調整では、申請できません。

【要件】
・自分自身また自分と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること
・その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費であること
※健康診断費用(診断後病気が発見され治療した場合を除く)、インフルエンザ予防接種費用は対象外です。

【控除金額】
医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。

(支払った医療費-保険等により補てんされた額)-{(総所得金額等×5%)または10万円のいずれか低い金額}
※必ずしも、支払った医療費の合計が10万円以上でなければ適用にならないわけではありません。

【よくある間違い】
・医療費控除/税金を節税(安く)するために使用する所得控除
・高額療養費/医療機関に支払った1ヶ月間の負担金について、前年の所得額に応じて設定された基準を超えた分を高額療養費として支給するもの
※高額療養費の詳細は、国保年金担当(電話 0182-35-2186)まで問い合わせください。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部税務課(市民税係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-32-2510 ファックス:0182-32-2611
メールアドレス:shiminzei@city.yokote.lg.jp

代表電話