赤字のため法人税がかからない場合の法人市民税について知りたいのですが。

法人市民税においては「均等割」が課税となります。

横手市内に事務所等を設けて営業等の活動をする場合、赤字のために法人税がかからなくても法人市民税においては「均等割」が課税となります(本店が市外でも、支店等が横手市内にあれば課税となります)。税務署へ確定申告書を提出する期限までに、下記の窓口へ「法人市民税の確定申告書」を提出してください。
・法人税割額
法人税額を基にして算定します。税率は、14.7%(平成26年10月以降に開始する事業年度から12.1%)で、これを課税標準となる法人税額に掛けて計算します。このため、法人税額が0円(赤字)ならば、かかりません。
・均等割額
法人の資本金等の額に応じて360万円から6万円まで、通常の法人であれば法人税額が0円であっても課税されます。

【提出書類等】
法人市民税の確定申告書

【申請窓口】
税務課、各地域局税務担当

【受付時間】
午前8時30分~午後5時15分

【休日】
土、日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部税務課(市民税係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-32-2510 ファックス:0182-32-2611
メールアドレス:shiminzei@city.yokote.lg.jp

代表電話