入湯税とは何ですか。

鉱泉浴場の入湯行為に対してかかる目的税です。

【納税義務者】
横手市内の鉱泉浴場(温泉)における入湯客

【税率】
・宿泊は150円
・日帰りは100円

【課税の免除】
次に該当する場合課税が免除されます。
・年齢12歳未満の人
・一般公衆浴場(銭湯)、共同浴場(社員寮などの浴場)に入湯する人
  
【申告と納入の方法】
浴場経営者(特別徴収義務者)が、毎月1日から末日までの間に入湯客から徴収した入湯税を、翌月15日までに申告し、納めることになっています。

※入湯税については、「鉱泉浴場所在の市町村は、環境衛生施設、鉱泉源の保護管理施設、観光施設および消防施設などの整備や観光の振興のための費用にあてるため、鉱泉浴場における入浴に対し、入浴客に入湯税を課するもの」となっています。 

※横手市では、平成17年10月1日から市条例が新たに施行されています。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部税務課(市民税係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-32-2510 ファックス:0182-32-2611
メールアドレス:shiminzei@city.yokote.lg.jp

代表電話