建築基準法上の道路とは何か教えてほしいのですが。

建築基準法上の道路には以下のものがあります。

【幅員4m以上のもの】
1.道路法による道路(国道、県道、市道等)
2.都市計画法・土地区画整理法などにより築造された道路
3.都市計画区域の決定を受けたときに現に存在する幅員4m以上ある道
 (建築基準法施行日にすでに都市計画区域の指定を受けていた区域については、建築基準法施行の日)
4.道路法、都市計画法、土地区画整理法又は都市再開発法等で2年以内に事業が執行される予定のものとして特定行政庁が指定したもの
5.土地を建築物の敷地として利用するため、政令で定める基準に適合する私道を築造し、特定行政庁から指定を受けたもの

【幅員4m未満のもの】
建築基準法施行の際、既に建築物が立ち並んでいる道路で特定行政庁が指定した道路

【特記事項】
建物は、原則として、その敷地が幅員4m以上の道路に接していなければ建てられません。
しかし、幅員4m未満の「狭あい道路」であっても、都市計画区域の指定がされた際、現に建物が建ち並んでいる道で特定行政庁(県)が指定した道路に接する敷地については、建てることが出来ます。
(H22.7.23以降の新都市計画区域については市が指定)
この道路に接して建築する場合、道路の中心線から2m後退した線を道路の境界線とみなし、道路の内側には、建物や門、塀等はつくれません。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

建設部建築住宅課
所在地:〒013-8502 秋田県横手市旭川一丁目3番41号 
電話番号:0182-35-2224 ファックス:0182-32-4029
メールアドレス:kenchiku@city.yokote.lg.jp

代表電話