隣地の所有者が私の家との敷地境界線ぎりぎりに家を建てようとしています。敷地境界線から建物の距離について何か決まりはないのですか。

民法234条では、「建物を建てる場合は隣地との境界から50センチメートル以上離さなければならない」と規定しています。
この場合の「境界から50センチメートル以上の距離」とは、建物の外壁およびそれと同視すべき出窓等から境界までの距離のことで、屋根やひさしは対象にならないと一般的には解釈されています。
しかし、例外として、当該地域にこれと異なる慣習がある場合にはそれに従うこととなります。
また、建築基準法では、第一種および第二種低層住居専用地域において、隣地境界線から外壁面まで1m後退しなければならないという規定があります。(ただし緩和規定あり)
また、防火地域または準防火地域にある建築物で、外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができるという規定(建築基準法第65条)があります。

【特記事項】
●建築確認は、申請された建築計画が建築基準法及び関係法令に適合しているか審査するもので、民法の規定は審査対象ではありません。しかし、建築計画においては近隣に十分配慮する必要があります。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

建設部建築住宅課
所在地:〒013-8502 秋田県横手市旭川一丁目3番41号 
電話番号:0182-35-2224 ファックス:0182-32-4029
メールアドレス:kenchiku@city.yokote.lg.jp

代表電話