解体工事を請け負った場合にどのような手続きが必要ですか。また、発生したごみはどのように処理したら良いですか。

解体工事を請け負った場合、建設リサイクル法に関する届出と建築物除却届が必要です。
発生したごみについては、下記の基準に沿って処理をして下さい。

【建設リサイクル法とは】
平成12年5月31日に公布され、平成14年5月30日より施行された法律です。
建築物の解体等にあたっては、分別解体等及び再資源化等が義務付けられます。
また、工事の届出と報告、解体工事業の登録も義務付けられます。
命令違反や手続きの不備等については、所要の罰則規定が適用されます。

【対象建設工事】
 建築物の解体/延べ床面積80平方メートル以上
 建築物の新築等/延べ床面積500平方メートル以上
 建築物の修繕・模様替/請負金額1億円以上
 その他の工作物に関する工事(土木工事等)/請負金額500万円以上

【建設リサイクル法に基づく再資源化について】
木くず・コンクリートがら・アスファルトの分別とリサイクルが義務付けられています。

【提出書類等】
(様式は【申請書等ダウンロード】のページからダウンロードできます。)
様式1:届出書
別表1:分別解体工事等の計画等(建築物に係る解体工事)
別表2:分別解体工事等の計画等(建築物に係る新築工事等(新築・増築・修繕・模様替))
別表3:分別解体工事等の計画等(建築物以外のものに係る解体工事又は新築工事等(土木工事等))
※ その他各自で作成するもの
1.工程表
2.建築物等の現状を示す明瞭な写真
3.案内図(住宅地図等)
4.委任状

【申請期間】
工事着手する日の7日前までに届出して下さい

【建築物除却届について】
建築基準法第15条の規定により工事施工者が建築物を除却しようとする場合は、建築主事を経由して都道府県知事に届出の必要があります。(ただし建替えにより建築工事届が提出される場合もしくは建築物又は工事部分の床面積が10平方メートル以内の場合は必要ありません。

【申請窓口】
建築住宅課

【届出人】
工事発注者・自主施工者

【受付時間】
午前8時30分から午後5時15分まで

【休日】
土、日、祝日、年末年始

関連するページ

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

建設部建築住宅課
所在地:〒013-8502 秋田県横手市旭川一丁目3番41号 
電話番号:0182-35-2224 ファックス:0182-32-4029
メールアドレス:kenchiku@city.yokote.lg.jp

代表電話