隣地に建物が建設されたあと、テレビの映りが悪くなりました。きれいにテレビを見られるようにするにはどうしたらいいでしょうか。

テレビの受信障害対策について、法令上の規定はありませんが、建築工事等により電波受信障害が起きた場合、「原因者負担の原則(民法709条)」等に基づき、建築主が対策することが一般的となっておりますので、早めに建築主と協議してください。
また、改善方法や費用負担等については、建築主と受信者を当事者とする協議による処理が原則となります。


受信障害原因の確認方法
1.アンテナの向きやテレビ(アンテナケーブルや電源コードの外れ等)に問題がないか確認しましょう。

2.次にご近所でも同じように受信障害がないか確認しましょう。
ご近所に障害がない場合、ご自宅のアンテナブースターやテレビ機器の故障が考えられますので、電気店等に相談してください。
※共聴施設やケーブルテレビで視聴している方は、施設管理者に相談してください。

3.ご近所でも受信障害がある場合、障害が出てきた時期に自宅周辺やアンテナ方向に建築工事がなかったか確認しましょう。
→建築工事があった場合、建築主と協議してください。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

建設部建築住宅課
所在地:〒013-8502 秋田県横手市旭川一丁目3番41号 
電話番号:0182-35-2224 ファックス:0182-32-4029
メールアドレス:kenchiku@city.yokote.lg.jp

代表電話