石坂洋次郎文学記念館について教えてください。

記念館には、生原稿、遺墨、写真パネルや遺品で構成した伊豆の書斎などを常設展示しています。

【開館時間】
午前9時~午後4時30分(注)受付は閉館の4時まで

【休館日】
祝日の翌日、年末年始(12月29日~1月3日)

【入館料】
100円(中学生以下無料)
※ふれあいセンターかまくら館・後三年合戦金沢資料館・横手城展望台の3施設を含む4館すべてが、100円でご覧いただけます。
※発行日当日限り有効

【展示物】
・「若い人」が執筆された当時の書斎・教師・作家として過ごした横手町時代の資料・伊豆の書籍 など

【交通】
・横手駅から徒歩30分・秋田自動車道横手ICから車で15分

【駐車場】
大型バス駐車可

【問合せ先】
石坂洋次郎文学記念館
(横手市幸町横手市幸町2-10、電話番号 0182-33-5052、ファクス0182-33-5052)

【石坂洋次郎】
・日本を代表する作家・大正15年、26歳で横手へ赴任し13年にわたり教員生活を送った
・横手は、「山と川のある町」など多くの作品の舞台として、その文学をはぐくみ開花させただけでなく、人間洋次郎に大きな影響を与えた

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

まちづくり推進部生涯学習課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2254 ファックス:0182-32-2611
メールアドレス:shogaigakushu@city.yokote.lg.jp

代表電話