介護保険で居宅サービスを利用する際の限度額について教えてください。

居宅サービスを利用する際には、要介護度(要支援1~2、要介護1~5)に応じて、介護保険から給付される上限額が決められています。

利用者は、原則として介護サービスに要した費用(保険適用費用)の1割を負担します。
上限額を超えた分については、全額を利用者が負担します。

例)要介護1の場合
 1カ月あたり、利用者負担額にして16,580円までのサービスを利用できます。
 要介護1の人全員が16,580円を支払うということではありません。


 【居宅サービスの要介護状態区分ごとの支給限度基準額(単位数)および利用者負担額(1か月あたり)】

要介護度 支給限度基準額 利用者負担額
要支援1 4,970単位 4,970円
要支援2 10,400単位 10,400円
要介護1 16,580単位 16,580円
要介護2 19,480単位 19,480円
要介護3 26,750単位 26,750円
要介護4 30,600単位 30,600円
要介護5 35,830単位 35,830円
※横手市では1単位10円です

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部高齢ふれあい課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2134 ファックス:0182-32-9709
メールアドレス:korei@city.yokote.lg.jp

代表電話