介護保険制度の概要について教えてください。

介護保険は、介護を社会全体で支えていく国の制度として平成12年4月に始まりました。

その後、平成18年4月に、制度全般にわたって見直しが行われ、介護予防を重視した仕組みとなりました。

1、介護保険の仕組み
介護保険は、各市町村(保険者)が運営します。運営に必要な経費の50%が40歳以上の方(被保険者)の保険料で、残り50%が公費で賄われます。
 
2、加入者
介護保険に加入する方は、65歳以上の方(第1号被保険者)と、40歳から64歳までの医療保険に加入している方(第2号被保険者)です。

3、サービス利用者
65歳以上の方でサービスを利用できるのは、介護が必要であると認定された方です。
40歳から64歳までの方でサービスを利用できるのは、初老期の認知症、脳血管疾患など老化が原因とされる病気(特定疾病)により、介護が必要であると認定された方です。

4、サービスを利用したとき 
被保険者が介護サービスを利用するには、事前に認定を受ける必要があり、サービスを利用した場合は、費用の一部(原則として1割)を負担します。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部高齢ふれあい課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2134 ファックス:0182-32-9709
メールアドレス:korei@city.yokote.lg.jp

代表電話