インフルエンザの予防について教えてください。

インフルエンザは、予防接種や、日常生活でのちょっとした工夫で簡単に予防することができます

【予防接種による予防】
インフルエンザの予防接種は、受ければ絶対にかからないというものではありません。予防接種は、病気にかかりにくくしたり、重症化しないようにするものだとご理解ください。

【日常生活での予防】
1.流行期には人ごみを避ける外出時はなるべくマスクをつけましょう。マスクを着用することで他人からの感染を防ぎ、また他人に感染させることを防ぐ効果もあります。
2.外出後は「うがい」「手洗い」「洗顔」をするインフルエンザウイルスは、実は顔などにも付着していることがあります。万全を期すため、洗える部分は洗うように心がけましょう。
3.室内の湿度を保つインフルエンザウイルスは、乾燥した状態で活発に活動します。ウイルスの活動を抑えるために、加湿器などで部屋の湿度を保ちましょう。室内の換気も定期的に行ってください。
4.体力を保つ体力が低下していると、インフルエンザにかかりやすくなります。バランスのとれた食事、十分な睡眠、そしてあまり厚着をし過ぎないように心がけましょう。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部健康推進課(健康づくり係)
所在地:〒013-0044 秋田県横手市横山町1-1 
電話番号:0182-33-9600 ファックス:0182-33-9601
メールアドレス:kenkou@city.yokote.lg.jp

代表電話