ページ本文

反射材を活用した交通事故防止について

反射材を身に着けて高齢者の交通事故を防ぎましょう

夕暮れ時と夜間の交通事故死者数の半数以上が高齢者!

夕暮れ時の時間帯に発生する多くの事故が高齢者の関係するものとなっています。これは高齢者が暗色の服装を着用することや、加齢による体力・判断力の低下によるものといわれております。交通事故に遭わない、交通事故を起こさないためにも次のことに気を付けましょう。

歩行者の皆さんへ

  • 夕暮れや夜間の外出時は、明るい色の服装と反射材を着用しましょう。
  • 道路を横断するときは、左右を確認し、横断中も左右の安全を確認しながら横断しましょう。特に左から来る車に注意しましょう。
  • 遠回りになっても、信号のある交差点や横断歩道を利用しましょう。
  • 雨の日や路面がぬれている場合は夕暮れ時や夜間の散歩を控えましょう。

市では本庁舎や各地域局の窓口で交通安全反射タスキを無料で配布しております。ぜひご活用ください。

ドライバーの皆さんへ

  • 体力や判断力の低下を認識して運転しましょう。
  • 前方の車や歩行者を発見したら減速・徐行し、十分に安全確認をして運転しましょう。
  • 対向車や前に車がいない場合は、ライトを上向きにしましょう。ライトはこまめに切り替えることが大切です。
  • 雨の日や路面がぬれている時はライトの光が反射し歩行者が見えにくくなりますので、特に注意して運転しましょう。

4時からライト&ピカッと反射材運動

夕暮れが早まる晩秋は、薄暮時や夜間の交通事故が多く発生する危険な季節です。秋田県では「4時からライト&ピカッと反射材運動」を実施し、早めのライト点灯と反射材の着用を促して、交通事故防止を呼びかけております。

実施期間: 10月1日 ~ 11月30日
※平成27年は横手警察署管内では年末まで延長実施しました。

運動の重点項目

  • 夕暮れが早まるこの時期は、午後4時を目安に早めのライト点灯をしましょう。
  • 自転車も早めにライトを点灯をしましょう。
  • 歩行者、自転車の皆さんは反射材を活用して、交通事故を防ぎましょう。

チラシ

チラシ(おもて)

チラシ(おもて)

チラシ(うら)

チラシ(うら)

PDFのダウンロードについて

PDFファイルをご覧いただくにはAdobeReader(無償)が必要です。AdobeReaderがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
AdobeReaderダウンロードページ

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

まちづくり推進部地域づくり支援課(地域調整係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2266 ファックス:0182-32-2611
メールアドレス:chiikishien@city.yokote.lg.jp

代表電話