ページ本文

文化財等資料館施設

文化保護課所管施設

雄物川郷土資料館

雄物川郷土資料館は、県指定の玉類をはじめ、歴史・考古・美術・民俗・自然の各分野にわたって展示を行っている資料館であり、横手市内の資料館施設の中心施設に位置づけられています。

雄物川民家苑 木戸五郎兵衛村

江戸~大正時代の茅葺き民家4棟(市指定有形文化財)が移築、復元されており、往時の面影を伝えます。

後三年合戦金沢資料館

奥州藤原氏の登場や中世武家社会の幕開けとなった後三年合戦の最終決戦が繰り広げられた金沢地区にあり、「後三年合戦絵詞」(戒谷南山筆、重文模写)、秋田県指定文化財の経筒、遺跡発掘調査時の発掘品、金沢八幡宮の宝物などが展示されています。

保呂羽の里資料館

国指定重要無形民俗文化財「保呂羽山の霜月神楽」と、国指定重要文化財「波宇志別神社神楽殿」を、平成2年から5年にかけて大修理した際の資料を中心に展示しています。

平鹿農村文化資料館

平鹿農村文化伝承館は、わら細工、浅舞絞り、古い生活・生産用具類などの工芸品や民俗資料が展示されています。通年の開館ではありません。

十字館歴史資料展示室

十文字地区のあゆみが概観できるように、宝竜堂遺跡などの縄文遺跡からの遺物、南北朝時代の埋蔵銭、江戸時代の新田開発、近代の交通の発達についての展示がされています。
市指定文化財に指定されている猩々道標、十文字和紙、仁井田菅笠なども展示しています。

その他の資料館施設

増田町郷土資料館

増田まんが美術館と併設されており、横手市増田町の歴史や文化を後世に伝承する貴重な文化遺産や、芸術遺産の展示及び吉野鉱山と地域とのかかわり合いや功績などの資料を展示している。

石坂洋次郎記念館

日本を代表する作家としての業績と文壇に果たした作家石坂洋次郎の功績を、生原稿や遺墨、写真パネルなどの展示であきらかにします。遺品で構成した伊豆の書斎を常設展示しています。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

教育総務部文化財保護課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市条里一丁目1番64号   
電話番号:0182-32-2403 ファックス:0182-32-4034
メールアドレス:bunkazaihogo@city.yokote.lg.jp

代表電話